|  HOME |  住まい考  |  作品紹介  |  自宅紹介  |  オープンハウス  |  スタッフ募集  |  ブログ  |  お問合せ  | 
(C)copyright ATA
控えめでさりげなく、住む人の自由度が認められるものが好ましいと思っています。
そのためにつくり過ぎないことが大切。デザインには人を喜ばせ楽しませる力があります。食器は、盛りつける料理をより美味しそうに際立たせ、目で見て楽しみ、手に持った質感も含め使う喜びを感じさせてくれます。車は安全性、快適性、形のかっこよさもさることながらハンドルを握ったときに思わず運転したくなるドライブの楽しさを与えてくれます。住宅は、住む人が日々の暮らしの中に新たな発見や楽しさを感じ、そこに生活する喜びを感じさせてくれるものではないでしょうか。新しさという価値ではなく、住み続けると味が出るような、決して飽きのこないデザインが好ましいと思っています。 外観は廻りに目立ちすぎず、かといって地味すぎず・・・基本的に内部に重点を置き、外部は内部の形をそのまま表したもの、住み手にも近隣にも愛される家を目指しています。
安心して豊かに暮らせる家。四季を感じ、自然の恵みを感じられること、華美にならず品格があること。
そして住み継がれていく家。
住みやすい家づくり
3つのキーワード
ほっとする家。人間の最も素の部分とつきあうのが家です。暮らしにくつろぎと安らぎがあり、何となく家族がそれぞれに過ごせるたまり場がある。住む人のわがまま、要求を素直に出して満たされるのが家。そしてそれは時代、住み手の年齢によって好みや生活スタイルは変化してくるものなので、建築家はそこまで理解し要望に応えたいと思います。自分の住んでいるところには愛情を感じたいものです。
家づくりをお考えの方へ
>>TOPへ
いい家とはどんな家?
住みやすい家とは
住宅のデザイン